総合研究院パンフレット(日本語版)
15/34

アカデミック・ディテーラーの使命は「医師の処方行動に影響を与え処方を最適化する」であり、薬剤師は科学的な視点である化学構造式、薬理作用、薬物動態(図3)から薬剤を選択します。医師と薬剤師それぞれ専門的な視点から充分に検討して、患者に最も適した薬剤を選択することは何より薬物治療の質の向上につながります。 日本アカデミック・ディテーリング研究会を創設(図4)し、添付文書情報を基に開発した医薬品比較システムに、薬の使い分けのポイントとなる薬物動態データを充実させ、産学官連携したアカデミック・ディテーリング支援データ拠点とする。Academic Detailing Database Division品データベースを構築しています(図1)。 図2に示すように、医師や薬剤師だけでなく、基礎薬学系の有機化学、生物薬剤学、薬理学研究者とさらに医療コミュニケーション研究者と、多岐にわたる講師陣の協力を得て、臨床のエビデンスだけでなく、医薬品の基礎薬学的特性の違いを極めた資材開発をしています。目的今後の展開コマーシャルベースではない、公正中立な臨床と基礎のエビデンスを基に、医薬品比較情報を医師に能動的にface to faceで提供する新たなアプローチことです。薬剤師が医師に臨床のエビデンスと共に、医薬品の科学的特性から見た同効薬の使い分けポイントについて、医師のニーズに即した内容をアカデミック・ディテーリングすることで、処方慣行とのギャップの是正に貢献します。そして、薬剤師養成課程が6年制になり、臨床の知識や現場実習は充実されましたが、実際に、医師の処方に影響を与えるという薬剤師のプラクティス・ギャップを埋める効果が期待されます。薬剤師が薬剤を選択する際に必要な、薬剤学的特徴の科学的視点から、医薬図1 医薬品比較データベース開発アカデミック・ディテーリング資材開発図2 オール薬剤師で取り組む資材開発アカデミック・ディテーリングを支援する医薬品特性比較データベースを開発し、アカデミック・ディテーリングが実践できる薬剤師を養成することで、医師の処方を最適化し、薬物治療の質向上に貢献する糖尿病、がん患者の支持療法など、さらに疾患領域を広げ、薬剤師がアカデミック・ディテーリングを実践できる日本を目指します図3 医師と違う視点で処方支援図4 日本アカデミック・ディテーリング研究会創設部門長薬学部薬学科 教授Takao Aoyama患者にとって最適な薬物治療を行うには、医師が最適な薬効群を選択するところからスタートします。その後、薬剤師はその薬効群の医薬品特性を化学的特性や薬理作用、薬物動態特性、そして患者背景から最適な薬剤を選択します。薬剤師と医師がそれぞれ専門的な視点から充分に検討することで薬物治療の最適化につながります。設立2014年4月 t-aoyama@rs.tus.ac.jp15アカデミック・ディテーリングとは医薬品比較システムの開発アカデミック・ディテーラー養成 日本アカデミック・ディテーリング研究会の創設科学的な医薬品比較情報を発信するアカデミック・ディテーリング資材開発と人材養成青山 隆夫アカデミック・ディテーリング・データベース部門

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る